ココみみ勉強ブログ

アラフォー東大生とフリーランスを目指すブログ

勉強法は自分に合うやり方が1番

勉強法は自分に合った方法でやるのが1番いい

私には、勉強マニアじゃなくて勉強法マニアだった時期があった。
いろいろな勉強法の本を読んだり、受験に成功した人の話を聞いたり、、、

でも今にして思うと、あまり参考にならなかった。

なぜなら、本書いた人も受験に成功した人も私じゃないから。


これらの勉強法でよく言われる
ノートに書くな
マーカーは引くな
とか、私はやっている。



ノートに書くのは、参考書や教科書の丸写しとかは無駄だ。書くことが勉強じゃなく作業になって目的になるから覚えない

とかいう理由だったりするけど、私は丸写しはしないし、書きながら覚えるというつもりで書いてる。覚えたいところのみ書く。
確かに、時間かかるからその分無駄になるけど、ただ読んだだけじゃ覚えられない。
書いてそれを復習に使う。

マーカーは、教科書や参考書に書いてあることは全部重要。マーカー引いたところだけ見るようになるからダメ

とかいう理由だったりするけど、私はマーカー引いてないところもちゃんと読むし、特に重要なところがわかりやすくなるし、重要なところを探すために、むしろよく読むようになるから引いてる。これも、ただ読むだけじゃ覚えないから。
復習の時はマーカー引いてないところもちゃんと
読む。


書いて記憶に残る、マーカー引いて記憶に残るタイプ。私はそういう人間だ。


自分がどういう人間かわかってることも、勉強する上でも大切だと思う。


もともと頭のいい人の真似しても、私はその人みたいに頭良くないから、同じような効果が出ないだろうと思う。


勉強法の本も人の話も役に立つこともある。全部鵜呑みにせず自分に合ったやり方があれば採用する。


勉強法の本をたくさん読んでいたのは、少ない労力で短期間で効果のある、裏ワザ的な勉強法が無いか探していたから。楽しようとしていた。
結局、そんなものはなかった。
勉強はコツコツと継続するしてやることで身につくという結論になった。

やっぱり、人がなんと言おうと好きなやり方で継続して勉強するほうが効果的。本や人の話に惑わされずに好きなように勉強する方が続けられるなら、そうしよう。